貧乏へリスキー

 2006-08-31
ソーセージ造り(つるす準備)  リマ・良い天気

今日は、朝から天候も良く、ヘリも飛べるかな?と思っていまし
たが、上空は風が強いらしく、キャンセルになってしまいました。
残念。本当に、天気とは正面から戦えないという、人類の弱さ
みたいなものを感じてしまいますよね。(苦笑)

・・・ということで、スキー場で滑るスケジュールに速攻変更して、
今日は「リマーカブルス・スキー場」に行ってきました。このスキ
ー場は、クイーンズタウンから40分くらいの場所にあって、コロ
ネットピークの真正面にあるスキー場なのですが、スケールと
しては、それ程大きくはなく、でも結構斜面構成が、色々とあっ
て、整地からオフピステまで、いろいろと楽しめるスキー場です。

今日も、スキーday2日目でしたが、整地での滑走やオフピステ
での滑走を結構楽しめましたよ。そして、その楽しめた中でも、
明日からもスタンバイをかけているヘリスキーに向けての、プチ
レッスン会も行いましたよ。

しかも、ヘリスキーがダメなら、これでどうだ!・・・ということで、
このリマーカブルススキー場で行える、へリスキーに匹敵する程
の斜面を滑ったんです。そしてその名は「貧乏へリスキー」
---------------------------------------------------------------
展示会(盛岡)

この「貧乏へリスキー」という命名は、今回もお世話になっている
フェロートラベルのニュージーランドに駐在していたカナダ人、
「マーティン」がつけたものなんですが・・・・・。つまり、ヘリのよう
に高価な乗り物に乗らなくても、ヘリスキーのような斜面を滑る
ことができる場所でのスキー・・・と言う意味なんです。と言うわけ
で、今日はその名の通り、ヘリに乗らずして、ヘリ並みの大斜面
や、オフピステを堪能する事も出来ました。

手作りソーセージ(ねる)

その距離、約2キロ。それはリマーカブルスのメインのゲレンデ
のちょうど裏斜面になるのですが、リフトはなく、でもハイクする
事もなく、ですが、2キロ先には、ちゃんとスキー場まで戻れるバ
スが待機してくれているんです。いいでしょ!(笑)

リマ・ピックアップトラック

ニュージーランドに来ると、こうゆうケースで、凄くオフピステなん
かも楽しめる環境があるので、やっぱり楽しい訳なのですが、で
も今日のこの「貧乏へリスキー」では、しっとりとした雪(笑)で、
しかも、「ノンストップ」という目標を持って、2キロも滑ったので、
熱い熱い・・・・太腿が・・・(笑)。滑り終わって、脚があんなにホット
になったのは、僕も久しぶりでしたよ。まあ、僕もこんな状況という
事は、当たり前に参加者の皆さんは、「ヒイヒイ」言いながら、下ま
で降りてきたわけですが・・(笑)。でも、こんな思いを、こんな身体
の感覚は、『絶対日本では出来ない』事だと思いましたので、皆さ
んには、チャレンジしてもらった次第です。

手作りソーセージ(分ける)

やっぱり、日本のようにレッスンレッスン、そして、のんびり滑る事も
大事なのですが、せっかくニュージーランドまで来て頂いたので、
こんな海外のスキー&スキー場、ニュージーランドを身体で感じて
頂きたいな?と思いますね。

さて、こんな感じで今日も楽しいスキーができましたが、なんかな
んか女性がいない今回の「男祭り」ツアー(笑)。凄く団結力が高ま
ってきているな?と思うのは、僕だけでしょうか??????(笑)

(追伸)
いや???、毎日速攻でblogを書きたいと思っている僕ですが、な
かなか時間が許してくれないですよ????(苦笑)。この自分の
レポートを自分自身のためにまとめる時間も、(自分と向き合える時
間も)凄く大事だと思うのですが、時間が許してくれない・・・・悔しい!
でもまあ、皆さんには、できるだけこちらのいろいろなドラマをお届け
したいと思っていますので、宜しくね。
(今日も、このblog5時起きで書いています)

スポンサーサイト
タグ :
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/09/01 21:06】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/08/31 14:43】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://skitengoku.blog63.fc2.com/tb.php/59-056ca365

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫