スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

追悼2 渡辺正和カメラマン

 2011-06-15
さて、ナベさんに撮って頂いた写真のほんの少しですが、僕の思い出と
共にお届けしたいと思います。ナベさんへの感謝の気持ちを込めて・・・。


SPUR パウダー

この写真は、1995年。ナベさんと海和さんと3人で、立山に登った時の
写真です。この年は、11月の立山にもたくさんの雪が積もり、凄く良い
新雪を滑ることが出来ました。

僕は、まだまだ撮影慣れしていない時代でしたので、何度も転んだ事
を思い出します。でもそんな僕にもナベさんは怒りもせず、笑ってくれ
たことで、僕も癒されながら撮影をさせてもらった記憶があります。

立山の撮影は、足で登って滑らなくてはいけないのですが、この年は、
登るのも腰まで埋まるほど。でも、こんなに深く良い新雪は、前にも後
にもこのときだけでした。





SPUR 朝日 我満&秀人

1994年。我満嘉治さんと一緒にナベさんと3人で立山に登り、撮影を
しました。色々なシーンを撮影しましたが、撮影が終わり、一度ホテル
に退去してから、外の夕日があまりにもきれいなので、慌ててウエアー
に着替え直し、このサンセットの撮影をしました。

僕も色々と撮影の経験がありますが、7色の色がはっきりと見えるこの
ような夕焼けをみれたのは、この撮影のときしかありません。





SPUR 夕焼け

1992年。ナショナルチームでレーサーとして活躍していた僕が、基礎
スキー界に転向した初年度、技術選もまだ出場するまえの11月に立
山にナベさんと2人で登り、撮影をした時の写真です。

夕焼けの空に向かって滑り込むというコンセプトで、何度も何度も登っ
た記憶があります。この時は僕も本当に辛かったですが、でも、何度も
何度も挑戦を、ナベさんにお願いされると断り切れなかったですね。(苦笑)

どうしてもナベさんは、夕焼けとスキーヤーを同時に撮りたかったのでし
ょう。夕焼け空と被写体を同時に撮影するというカメラワークもも難しか
ったようですが、ナベさんの熱い気持ちに僕も心を動かされたこの時の
撮影、この年のこの撮影から、渡辺カメラマンの撮影に対する気持ちを
知ったものでした。





SPUR 朝焼け 秀人

1992年。この年も凄く雪が良くて、遅くまでパウダースノーでの撮影を
夕方まで行いました。もうそろそろ終わってくれないかな?・・なんて思っ
てスキーを担ごうとした瞬間。「ヒデチンそこで立っていて!」とナベさん
が叫んだことを思い出します。

きれいな夕焼けと、三日月と、そして金星。写真ができあがったときに、
僕がこんなに小さく写っていたとは、その時わかりませんでしたが、こ
のような、自然現象とスキーヤーとの融合を作品にしてくれたのは、
ナベさんならではの写真だったと思います。


(つづく)

スポンサーサイト
タグ :
コメント
コメントありがとうございます。
兄貴のようなコメント。
心に浸みますね。
色々考えさせられた、ナベさんの死ですが、
自分の心の中をまとめて、ナベさんの分まで
雪の上で活動していきたいと思っています。
【2011/06/23 23:19】 | 非公開 #- | [edit]
私が、貴方に初めて会ったのは、全日本スラロームで優勝して、翌年から技術選に戦いの場を移す志賀高原・ジャイアントスキー場でのICI石井のレーシング・キャンプでした。
あれから、多くの時が過ぎ、貴方もいろんな人と知り合いそして別れてきたんでしょうね!
私もそうです。母や父とも別れる事になりました。
これからも望まない別れを繰り返すのでしょうね。
寂しいですが、こればかりは仕様が無いです。
遺された者は、ただひたすら御冥福を祈るだけです。
御冥福をお祈りします。
10年振りにスキーを再開しました。
ノルディカのブーツを買いました。
お会い出来たら、一緒に滑りたいですね。
【2011/06/15 14:05】 | kazz #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://skitengoku.blog63.fc2.com/tb.php/491-1f529179

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。