どっちの料理ショーに出演?!

 2006-07-21
この人はだれ?(一樹)

ちょっとblogの更新が遅くなってしまいましたが、先日まで
の「ばんけい夏企画」の続きです。m(_ _)m

さて、2日目であった7月16日(日)は、TRISを利用した、
トレーニングと、ソーセージ造りの旅に、キロロまで行きま
した。心配していた天気の方は、やっぱり「晴れ男(強調)」
の僕ですので(笑)、天気予報とはうって変わっての快晴!
素晴らしいコンディションの中、TRISが行えましたよ。

でも、素晴らしいと言っても、北海道にしては暑いくらいの
好天になったので、ちょっと北海道というイメージがずれて
しまいましたが、でもキロロの駐車場を利用したTRISのトレ
ーニングは、本当に広くて、舗装も良くて、とてもとても良
いトレーニングになりました。
キロロ・ツリス


まあTRISの事は、さておき、この日のセカンドイベントだっ
た、キロロの近くにある「トンデンファーム」でのソーセー
ジ造りのことをお話ししましょう。
-----------------------------------------------------------------------
トンデンファーム(馬)

さて、小樽から車でキロロに向かう途中にある「トンデンフ
ァーム」では、ファームと言うくらいですから、馬やダチョ
ウや兎が飼われています。ここでは、乗馬をすることもでき
るのですが、ここでのメインは、北海道・・・いやいや全国
的にも有名な、とても美味しいソーセージやハムが作られて
います。

冒頭に掲載している写真を見て頂ければ分かると思うのです
が、なんとあの有名なTV番組「どっちの料理ショー」にも、
ここのソーセージやハムが使われたんです。しかも、このフ
ァームでは、只単にソーセージやハムを購入する事ができる
だけでなく、体験でソーセージを作る事が出来るという事で、
僕達のこの日のセカンドイベントは、「ソーセージ造り」だ
ったんですよ・・。

ソーセージ(職人さん)

さて、この日のソーセージ造りの先生はというと、あの「ど
っちの料理ショー」にも出演された先生でした。(ごめんな
さい。お名前を忘れてしまいました。先生ごめんなさい!)
しかも、この日は、2つのパターンでソーセージを作らせて
頂けたんですよ。

ソーセージ造り(豚の腸)  ソーセージ造り(肉詰め)

まず最初のパターンでは、予め中に入れる素材を作って頂き
しかも、豚の腸に入れて頂いたものを、自分たちで腸を捻っ
て完成させていくというもの。

ソーセージ造り開始

ちょうど、写真の状態から、適当な長さにしながら、捻って
いくのですが、簡単なようで、これがなかなか難しかったん
ですよ。だって、この日に使った豚の腸って、結構薄くて、
だから捻っている間に、腸が切れてきて中身がでてきたり、
切れたまま、繋がらなくなったり・・・。でもでも、プロが
行うと、素早く、しかも何にも難しくなさそうに、完璧に、
こなしてしまうんですよ?。

まあ、プロとなると、何でもそうなのだと思うのですが、合
理的な動きと、力加減を知っているんですよね。きっと。こ
んなに簡単な作業なのに、難しいなんて。簡単だと思って、
参加されている方達の前で、自慢してやろうと企んでいたの
に、全然・・・・。参加された皆さんの方が、上手だったり
して・・・・(涙)。やっぱり力づくでは何でもダメですよ
ね。
ソーセージ造り(つるす準備)  ソーセージ造り(つるし)

・・・ということで、1人1人いろいろな長さや太さに捻っ
たこのソーセージ。先生にお願いして、まとめて頂き、特別
な機械の中でスモークしてもらうために、つるしてもらった
んです。

・・・てな感じで、今日はここまで。
また明日にでも、続きを書きますね。今度の2つ目のパター
ンのソーセージ造り体験では、「悲惨」なことが・・・・。





スポンサーサイト
タグ :
コメント
流石でしょ!「晴れ男」の僕。。。(笑)
やっぱり晴れるんですよ。最近の僕・・・。
な~~んて言うと、良くイベントに来られている
お客様達からクレームが来たりして・・・(笑)

でも、本当に晴れると良いですよね。北海道。
爽やかな空気と青空・・・。最高の天気でした。

今度あるさんも、ご一緒にどうぞ!
【2006/07/29 22:02】 | 伊東秀人 #- | [edit]
YASU_KICHIさん、凄いですね。こんなにも、
ソーセージに関しての知識を持っていたとは・・・。
脱帽です。でも、同時に、YASU_KICHIに、こんな
素人臭いソーセージ造りの文章を読まれたとは、
なんだか恥ずかしい限りですよ。

さて、ケージング・・。知らなかった・・・。
羊と、豚の腸の違いについては、今回教わったの
で、何とか理解していましたが・・・。

是非今度は参加してくださいね。
そして、講師という形が良いんじゃないかな?
僕と我満さんをコーチングしてくださいよ・・・。
そう
ソーセージデモという形でね・・・(笑)
【2006/07/29 21:49】 | 伊東秀人 #- | [edit]
秀人さん こんにちは!
晴れ男 流石ですね^^
自分で作られたソーセージなら格別美味しいでしょうね。
続き楽しみにしてます^^
【2006/07/24 20:04】 | ある #B8vD4paQ | [edit]
こんばんは。YASU_KICHIです。

今年の北海道企画はおもしろい企画だったんですね。
オイラも仕事がらハム・ソーセージ関係はうるさいです。

ちなみに、ソーセージ類で、材料を詰めるのをケーシングといいますが、
そのケーシングの種類でできあがるものも違います。
たとえば、羊の腸を使うとウインナー、豚の腸を使うとフランクフルト、みたいな?
知ってました?

こういった手作り体験ができるところは、最近増えてますよね。
特に有名なのは、三重県の伊賀市にある「もくもくファーム」ですね。
ミニ豚のショーとかもやってるけど、手作り体験では草分け的な施設です。

でも、秀人さんも書いてるけど、見るのとやるのじゃ大違い・・・
スモークはともかく、ボイルするときは、結構中身が飛び出しちゃって大変だったのではないでしょうか?
充填作業は焦らず、一定の早さでやるのが一番です。
【2006/07/22 01:39】 | YASU_KICHI #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/07/22 01:21】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://skitengoku.blog63.fc2.com/tb.php/49-ca7e1b25

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫