寂しいな?(涙)!!

 2008-07-18
野茂英雄

写真の野球選手は、誰でもご存じだと思います。
そう、大リーガーの「野茂英雄」投手。彼が、なんと、19年に渡る
現役生活から引退することになったそうです。

誰もが夢見た「大リーガー」。そして、その先駆者である野茂投手。
野球では、長嶋茂雄さんや、王貞治さんは、凄く有名な選手であ
りますが、僕は、この野茂選手こそ、日本の野球の根底を、そして
日本の野球選手の根底を覆した、素晴らしい選手であると、思って
います。

つづく
---------------
スポーツ選手。勿論、誰でも憧れるのは、1番。そして夢見るのは、
世界で戦って1番になること。つまり、世界1。

野球や、ゴルフ、サッカーなど、実際に日本でも、そのスポーツを
行ってある程度のレベルに行けば、生活を約束されている、限られ
た種目であるが、だから故に、日本から海外に出て戦う選手が、あ
まり居なかった時代、この野茂英雄投手は、海外にまで出て活躍
した、その功績は、素晴らしいと思う。

勿論、スキーの場合は、日本での大会が限られているので、当た
り前のように、はじめから世界での戦いを要求されるが、もし、日本
で、生活の保障がされていれば、世界に出て戦う選手が、どれだけ
いるものか???

そのくらい、世界で戦うということが、大変なのだ。

僕も、自分のスキーへの情熱と、ヨーロッパでのスキー環境から、大
学の推薦や特遇という条件をお断りして、3年間のフランススキー留
学を行ったが、やはり海外でスポーツに精進するといっても、大変な
ことは、山ほどだった。

勿論、スキーのトレーニングの場所の環境は、氷河などもあり、素晴
らしいのだが、友人や知人もはじめからいるわけでもなく、また文化
や生活の違いもあり、そして人間として差別を受けることもあり、それ
はそれは、大変だった。

そんな経験もあるから、海外での活躍・・・と一言で言っても、その陰
の大変さがイメージできるわけでもあるが、この野茂英雄投手は、僕
が想像する以上に、異国での選手生活というものが、大変だったと
思う。

しかし、現在は、日本人の野球選手が、大リーグで活躍することは、
当たり前になっている時代。これも先駆者無くては、実現できていな
い事だったと思う。

そんな野茂選手が引退。

寂しい限りであるが、これもまた、1つの時代なのかもしれない。


時代を変えた男。
是非、その根性と、勇気で、今後の野球界、日本のスポーツ界を、
変えていって欲しい。

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://skitengoku.blog63.fc2.com/tb.php/320-0f5dfe1f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫