スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

僕のチャレンジ報告(その1)

 2008-04-28
セッターのアイテム

皆さんこんにちは。
元気で、春のスキーシーズンを楽しんでいますか? でも、たぶん
シーズン中の冬の雰囲気がなくなり、ちょっと淋しいかもしれませんね。
(僕は、ちょっと淋しいかも・・・・(笑))

さて、前回のベイルからのブログから、大分時間が経ってしまいましたが、
帰国してから、いろいろと行事もイベントもありました。その中で、今年の
僕のチャレンジがひとつ成功しましたよ。たぶん・・・(笑)

皆さんにも、報告させていただきながら、そして是非覚えてほしい事もあ
りますので、宜しくお願いします。

それは・・・・・。


--------------------------
それは、今年の僕のチャレンジの中の1つ、「SAJ A級セッター」受験です。

ところで、アルペンスキーの世界では、僕も昔おこなっていた「レース」
という分野がありますが、その種目は大きく分けて約4つ。
「滑降」
「スーパーG」
「大回転」
「回転」
以前ナショナルチームに在籍して、世界を相手に戦っていた僕は、
セットされた旗門の中を滑るばかり。しかし、細かいルールは・・・・
恥ずかしながら知らなかった。(苦笑)

勿論、選手としての滑り手が知らなければならない最低限のルール
は、知っていたけど、でもどのよう斜面が設定されたり、旗門がセット
されたりされていたかは、ごめんなさい。知らなかった。(苦笑)

そして現在・・
カービングスキーやビンディングプレート、ブーツなどの変化に伴って、
そのルールも、僕が選手をおこなっていた16年前に比べると、いろい
ろと変わっている。しかも、そのような状況の中で、ジュニアレーサー
達を教える場面も多くなり、どうしても、自分自身を再開拓する必要性
もあったのです。

だから、42歳になった現在、セッター検定に合格することよりも、その
ルールやレギュレーションを身体で、そして知識を勉強しようと思った
のです。

さて、最初の写真ですが・・・・。皆さんなんだかわかるかな?
答えは
・ドリル
・ドリルの歯
・ポールレンチ
・メジャー
です。

ドリルは勿論、僕がワールドカップを転戦していた頃のコーチも持って
いたけれど、ドリルの歯は、昔のものよりも数段切れる(掘れる)もの
に進化しているし、それだけでも16年前と違っていますが、最近は、
セットをする上でのレギュレーションが非常にシビアで、旗門間や、
旗門と旗門の間の距離を、メジャーを使ってセットするレベルになって
いるので、メジャーも必要不可欠。そして、ポールをセットするときの
レンチは、昔のものよりも半分くらいの重さになってもいたり・・・・
やはり、コーチが携帯するものだけでも、昔と違っていて、びっくりと
いった感じです。

まあ、現在もコーチをおこなっている方達は、僕がびっくりしている
事に、びっくりしているかもしれませんが・・・(笑) きっと一般の方達
は、さぞかし現在のコーチの携帯品にびっくりしているでしょうね。(笑)
秀人セッタークリニック



(その2)につづく・・・・・
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://skitengoku.blog63.fc2.com/tb.php/271-3eacff7e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。