怪我の状況&お礼

 2008-03-20
デモ認定

皆さん、遅れましたが、皆さんの応援のお陰で、無事にナショナル
デモンストレーターに認定されました?????m(_ _)m。

怪我をした左ふくらはぎも、キネシオテープでガチガチにガードして
そして、バックルもゆるゆるで調整して出た甲斐がありましたよ?。

しかし、今回の認定は、今後のナショナルデモンストレーターの強化
や次の世代のデモンストレーターを充実させると言うことで、僕と一樹
さんと若月さんの3名のナショナルデモンストレーターは、コーチも兼任
するということで、『プレーイングコーチ』ということで、2年間を過ごす
事となりました。

ナショナルデモンストレーターが、皆さんのスキーの楽しさや上達に
これまで以上に貢献できるように、チームをまとめていく役割として
頑張っていきたいと思っておりますので、宜しくお願いいたします。

ところで・・・・
皆さんに、ご心配していただいている「怪我」の方ですが・・・
--------------------------------------------------
ふくらはぎ

この写真の左ふくらはぎ(写真右)を見ていただいてわかる通り、
デモ選で滑った後は、凄く腫れてしまいました。(涙)
ですから、苗場から蔵王への移動にも、いろいろな方々のご協力
を頂き、やっと辿り着いたという感じです。荷物が多くて本当に大
変だったのです。(荷物は人よりも数倍多い方なので・・・苦笑)

ご協力を頂いた皆様には、この場を持ってお礼申し上げます。m(_ _)m
有り難うございました。

そして昨日、やっと病院に行ってきました。まずは、診察をして頂き、
もっと細かい診察をするということで、MRI を撮ってみましたよ。始めて
のMRI という機材での撮影で、あの大きな機械の中に身体を入れる
事や、音の大きさに驚いてしまいましたが、何とか50分間の撮影で、
しっかりと診察できましたよ。

その結果・・・・
左ふくらはぎの「上皮筋肉損傷」ということでしたね???。なんでも、
ふくらはぎの筋肉には、表面と奥との2層の筋肉があるのだと言うこと
ですが、その表面の筋肉の損傷と言うことで、まずはあまり酷くない
ということでしたので、ちょっと安心しました。

でも、やはり安静にして、固定もしなくてはいけないと言うことで、テー
ピングで圧迫しております。また、今後、月末には海外のイベントもあり
急いで治療したいと言うことをお願いしたところ、「高圧酸素カプセル」
での治療を勧められ、入ってきましたよ。

これもMRI と同じように、狭い中での我慢が必要で、入る時から、出る
まで、その時間なんと2時間。(苦笑)寝ようと思っていましたが、なかなか
寝ることもできずに、外のテレビを見続けて我慢しましたよ。(笑)

この「高圧酸素カプセル」ですが、一般に販売しているものは、1,3気圧
までなのですが、病院の治療用は、2.0気圧で100%酸素なので、結構
身体が楽になりましね???。しかも、腫れていた左ふくらはぎの腫れも
ひき、やっぱり効果あるようです。

・・・・ということで、引き続き、この「高圧酸素カプセル」での治療を続けて
今後あるイベントに、万全の体制で臨めるように、治療&リハビリ頑張りま
すので、何卒宜しくお願いいたします。




では、最後に、今回の技術選&デモ選も、なんとか切り抜けましたが、皆
さんの応援・・・・本当に有り難うございました。また『猿も木から落ちる』では、
ありませんが、本当にご心配かけて申し訳ありませんでした。

今後は、更に磨きをかけて、皆さんと一緒に「スキー」を楽しみたいと思って
いますので、宜しくお願いいたします。
(まずは、ふくらはぎ治しますよ)
スポンサーサイト
タグ :
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2008/03/20 21:04】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://skitengoku.blog63.fc2.com/tb.php/260-49b94e5a

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫