スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

生還!!

 2007-09-10
秀人

皆さんお元気でしたか?僕は無事に18日間の南半球の修行から帰国致しまし
た。長かったような、短かったような・・・。

まあ、修行と言っては大げさですが、毎年毎年、環境や天気や参加者の方々
の変化に、いろいろと克服しなければならない事も多く、毎回毎回海外ツア
ーというものは、日本と勝手が違うために勉強することが多いです。

今年も天候によって、色々と解決していかなければならない事も多く、大変
でしたが、でも・・・、そんな苦労も多いツアーの催行ですが、「スキー」と
いう同じスポーツで知り合う事ができる方々や、環境は、自分にとっては掛
け替えのない『財産』だとも思っています。

また、今回の「渡辺一樹&伊東秀人・ENJOY北島ツアー」並びに、「伊東秀
人&秀朗・ブラザーズツアー」にご参加された皆様、本当に有り難うござい
ました。この場をお借りして、お礼申し上げます。m(_ _)m

・・・ということで、ツアーの最後の2日は、時間的にバタバタとして、ア
ップできなかったので、アップしますね。

------------------------------------------------------
<9月07日(金)快晴>
cf集合

写真で見て頂いてお分かりの通り、この日も快晴! マウントハットに来て
「魔」の2日以来、ずっと快晴続き。そしてこの日は、「クラブフィールド」
に行ってきました。

ロープトウ

クラブフィールドというと、会員制のスキー場なのですが、ここでのポイン
トは「ナッツクラッカー」。ロープトウに引っかける「自分専用」の機材なの
ですが、慣れるまでが一苦労。でも慣れたらそこは、天国に変わります。

ハイク

この日も、まだパウダーが残っているという事で、午後からは「ハイク」し
てパウダーを食べに行きました。時間の事を気にしないで、柔らかいふかふ
かのパウダーの事ばかり考えて登っていたのですが、「ハイク」に要した時間
は、何と「80分」(笑)。時間も長かったですが、最後の急斜面を登るのに、
僕でさえ苦労したので、上まで上がった方々はさぞかし大変だったでしょう
(笑)。

cf滑り2cf滑り3
cf滑り1

でも、その甲斐あって、最高のパウダーを楽しめましたけれどもね・・・。

みほ

ところでこの日は、日本人の女性のガイドさんが、僕たちのパーティーに付
いてくれたのですが、フォトグラファーの「古瀬みほ」さん・・・なんと、
デモの佐藤久哉くんの奥さん「美樹ちゃん」にそっくり!(笑)僕も秀朗も、
本当にそっくりなので、ビックリでしたよ。

------------------------------------------------------
------------------------------------------------------
<9月08日(土)快晴>
suberi2 suberi1

この日も・・・はい・・・また快晴でした。なので、僕の顔も・・・焦げて
います。(笑)最初の2日間は、どうなることかと思った、秀朗とのツアーで
すが、最終日も晴れたという事で、4勝2敗(笑)。どうやら、天気の神様も、
僕たちを見捨ててはいなかったようです。

最終レッスン

さて最終日は、マウントハットのスキー場で、午前中レッスン、午後から
は参加者の皆さんが自由に滑って頂ける時間をとってフリータイムというこ
とで過ごしましたが、でも土曜日と言う事なのか? ニュージーランドが「バ
ブル」なのか? 僕も23年間も、このマウントハットに来ていますが、今ま
で見た事もない混みようでしたよ。


写真の通り、メインの6人乗りのリフトは「待ち時間20分」。昔はこんなこ
と全くなかったのですが、ニュージーランドも変化してきているようです。

VTRミーティング

まあ、この日で最終日ですから、これで次スキーができるのも、また数ヶ月
後。参加された皆さんも、次に繋がるように「ビデオミーティング」で、課
題を教えて欲しいという事でしたので、タイトな最終日でしたが、急遽「ビ
デオミーティング&レッスン」を行いました。

やはり今回のツアーでは、上達志向の方ので、僕も理論的なことから、深く
入って説明をさせて頂きましたが、皆さんしっかりと聞いて頂けたかな? 

今後のためにも、再度ここでまとめておきますが・・・・。上達のためには、
「物理的な要素」と「感覚的な要素」をしっかりと分けて整理しながら、滑
ってください。

・・・ということで、マウントハットでのツアーも、この日は最後の晩餐と
いうことで、ほとんどの皆さんが参加しての夕食会では、大変盛り上がり、
そして楽しい、そして実のあるツアーの最終日を終えたのでした。(自画自
賛?(笑))

ヨシ

さて、今回のニュージーランド・・・参加者の皆さんには、本当にご参加頂
いた事に対して感謝致しておりますが、その他にも、一樹さんとのジョイン
ト、また秀朗とのツアーと2つのツアーでお手伝い頂いた、フェローのスタ
ッフ(手塚ヨシくん)にも、この場をお借りして感謝致します。

実はヨシくんの実家は、大森海岸駅の目の前「松乃鮨本店」なので、是非是
非寄ってみてくださいね。

拡大地図を表示


それでは、以上、2007年夏・ニュージーランドレポートでした。有り難うご
ざいました。


◆◆◆次の僕の「海外スキーツアー」は、来年(2008年)3月にVail(USA)を予
定しております。皆さん楽しみに時間を空けておいてくださいね。m(_ _)m



スポンサーサイト
タグ :
コメント
abeちゃんお久しぶりです!元気そうですね
abeチャンってあの「あべちゃん」だよね??ってどんなだ?
私は未だにドイツに居るよ~!
って秀人さんのHPなのに失礼しました~
【2007/09/26 06:20】 | のりこ #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/09/16 21:03】 | # | [edit]
NZでは大変お世話になりありがとうございましたv-237
ナッツクラッカーのリベンジも無事に果たせたし、最終日には雄大な景色が見れてとても楽しかったです!
初めはお天気に悩まされて予定を考えるのも大変だったかと思いますが、いつもありがとうございます。
おかげでとても充実した楽しい日々を過ごせました。
NZ最高v-352Vail行くぞ!?
【2007/09/11 22:58】 | abe #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://skitengoku.blog63.fc2.com/tb.php/219-e21c0359

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。