やっぱり・・・(続き)

 2006-05-25
昨日の「やっぱり・・・」のレポート。続きを書いて載せた
つもりですが、載っていませんでしたね。(笑)大変失礼い
たしました。

今回は、ちゃんと載せていますので、是非是非「続き」を、
ご覧くださいね。

合宿免許ポータル!免許とるネット

★Moba8.net★ケータイサイトでアフィリエイト



さて、こうゆう事ってあまり人には言えないのですが、実は
今シーズンの僕の目標は、「Quality(質)」を上げていく
という事だったんです。Qualityというのは、技術選を1つ
の目標とした自分の滑りについてもそうですし、そして1年
の中で色々とあるイベントの中のレッスンについても、そう
だったのですが、それはつまり、時間や数に制限をして、
「質」を上げるということだったんです。

具体的に自分滑りの中では、40歳を目前とした年齢という事
で、ナショナルチーム時代からの若かった頃のような練習の
方法を一新して、練習する時間を制限して、そして同時に制
限された時間の中でも、体調と気持ちが一致したベストな状
態の時だけ限定して滑ったのです。

今までは、滑って滑って滑り込んで、その中で自分の技術を
完成するという方法を取ってきたのですが、この方法では、
体の疲れが溜まっている時と、そうでない時のフィーリング
が違いすぎてしまったり、またそのフィーリングの違いを補
修するために、また滑り込まなければならないという状況を
作っていたのですが、その方法を一新して、体と気持ちが最
高の時だけ集中して滑るという方法にしたんです。

でも、この練習のやり方は、今までのおこなってきた練習の
滑走量よりも遙かに少なくなり、精神的な強さを練習量で補
ってきた僕には、本当に不安だったわけですが、その不安を
乗り越えて自分の体に、良い運動やフィーリングだけを染み
こませるために、不安をちょっと我慢して、今年はこの
Qualityを重視するために徹したのです。

まあ、それが功を奏したのかは別として、技術選では、思い
の外、若手に負けず劣らずの成果を収める事ができた種目も
ありましたし、またその成果以上に、自分でも納得のいく運
動や滑りができた事は、現在より上のレベルにいけたという
自身にも繋がったと感じ、成功かなってちょっと嬉しく思っ
ています。


また、このようなQualityを上げるという目標は、現在僕が行
っているレッスンやイベントにおいても重視しました。つまり
昨年まで行っていたレッスンやイベントの数を少し減らして、
そしてイベントでは参加人数を減らすようにして、参加者の方
も、僕自身も、細かいところまでお互いが追求出来るようにし
てみたのです。

その中でも特に「The Gassyuku 」というキャンプにおいては、
参加人数を8名まで減らし、且つ参加者の方々に、その日のト
レーニング内容や、その時のフィーリングまで書き込んで頂け
るような、日記も作り、そしてその日記に僕もコメントに載せ
ていくような、キャンププログラムで行ったりしたのです。
(期間も5日間連続で・・・・)

これは今まで何年と行ってきたイベントのQualityを一度上げ、
そしてそれは、是非参加する方々と一心同体になって、上達と
いう場面に触れてみたかったという、以前からの願いであった
ことと、また参加者の皆さんには、是非上達して頂いて、スキ
ーの楽しみを、今まで以上に感じてもらいたかったという僕自
身の勝手な希望もあったのです。

とりあえず、このような背景の中、今年試みた事は、いろいろ
な部分で、本当に良かったのではないかと思いますし、今後ロ
ングタームでスキー活動を行っていくための、ワンステップを
踏めたような気もしました。

やはり、今までと何か違うものを僕自身でも探していくために、
今までと何か違う事に挑戦していきたかったというのが、本音
でもありますが、これを機に、また来年からも違った形で、自
分らしく挑戦していきたいと思っています。

では、また来年のこの時期に僕が明かす、06-07の僕自身のシー
ズンコンセプトを楽しみにして頂きながら、そして同時に僕が
行う皆さんへのイベントも、また志向をコラしたい楽しみにし
ておいて下さいね。

・・・ということで、05-06シーズンも、このblogでおしまい。
明日からは、また心機一転頑張っていきますよ????。今後
とも宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
タグ :
コメント
abeちゃんは、今の状態での滑り込みというのは、
大事なんですよ。いろいろなレベルによって、ま
たそのシーズンによって、その練習のパターンを
変えていくというのが、進化になるんだよね。

とりあえず、月山での良いフィーリングを是非来
シーズンまで残しておいてくださいね。多分、あ
のコブの処理は、ショートターンで生かされるか
らね。

そして、是非是非、また「The Gassyuku」は、
やりましょうね。僕も楽しみにしていますよ。
【2006/06/05 00:19】 | 伊東秀人 #- | [edit]
私は逆でしたね~(笑)
シーズン初めからいい感触があったので、できる限り滑って身につけようと心がけました。
頭と身体がうまく連動しなくて「????」という時もありましたが、いつも助けていただいてありがとうございました♪
「The Gassyuku 」もとてもよかったです!また来年もぜひv-237交換日記は来年まで大切に保管しておきます!?
私も心機一転頑張りますので、またよろしくお願いします(^^)
【2006/05/26 23:57】 | abe #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://skitengoku.blog63.fc2.com/tb.php/20-0ccfb1a8

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫