ツ・リ・ス・・・とは!

 2007-06-15
TRIS1

僕のこのBLOGページが変更されて、数日が経ちますが、今回も
一昨日から色々と変化していますが、皆さんその変化が何処な
のか?見破られましたか?(笑)多少の変化なのですが、でも
この変化に気づくことができたら、伊東秀人フリーク・・・な
んてね(笑)とりあえず、僕も色々とこのページに変化を加え
ているので、是非毎日楽しみにしてくださいね。

さて、今日は、昨日アップさせて頂いた、下記のイベントの事
について、ちょっと説明を加えていきましょう。

◆07札幌夏企画についての詳細はこちらから◆


◆お勧めの格安パッケージツアー◆




TRIS2

さて、ご存じの方は既に「TRIS」ってどんなものか? 理解さ
れていると思いますが、でも「TRIS(ツリス)」が、実際に滑
る雪上でのスキーと、どのようにリンクしてくるか、まだまだ
わからない方もいらっしゃると思うんです。

・・・ということで、「TRIS」(ツインローラースキー)の理
解のために、今日は僕が、いろいろとご説明したいと思ってい
ます。

この「TRIS」の効果の事を書き始めると、凄く長くなってしま
いますが、単刀直入に言うと、スキーで大事なバランス能力を
雪のない時にでも練習できるアイテムと思ってください。

バランスというと、スポットとして、凄く小さい範囲を考えが
ちですが、スキーでのバランスとは、板自体の長さや幅と関係
してきます。つまり、長くなる程、そのバランスの範囲は長く
なりますし、幅が広くなる程、そのバランスの範囲も広くなり
ます。まあ、スキーの面積に比例するバランスのスポットにな
るという事ですね。

ですが、スポットが長く広くなればなるほど、その大きさに合
わせたバランス能力が必要になると言うことで、特に最近のス
キーの板の幅には、その対応能力が必要になると言うことで
す。

そこで、「TRIS」というのは、その広くなってきたスキーの幅
(インエッジ?アウトエッジ)の特性を、雪が降る前にトレー
ニングできるアイテムとして、僕は有効活用ができると感じま
すし、是非皆さんにもお勧めしたいと思います。

やはり、インラインスケートというのは、バランスを養う上で
も、凄く優れたアイテムですし、他のスキーの形状をしている
アイテムではスキーのたわみを感じることもできるわけです
が、両アイテムも、結構簡単に曲がれることができてしまうの
です。

実は「TRIS」の凄く練習になるところは、インエッジとアウト
エッジとのバランスや、先端のホイールと一番後ろのホイール
の前後のバランスが上手くとれていないと、曲がらないので
す。ですから、「TRIS」でしっかりと曲がれるようになると、
雪上でのスキーで曲がることも、簡単に感じられてしまう程、
運動を基本を、雪が降る前に身につけられるのです。

・・・ということで、実際のスキーの長さには及ばないもの
の、インエッジとアウトエッジの、現在では欠かせないエッジ
の使い方を身につけられる「TRIS」で、是非雪が降る前、良い
運動を身につけてみてはいかがでしょうか?

そして、是非是非、札幌で一緒にトレーニングしましょうね。
お待ちしておりますよ。

◆07札幌夏企画についての詳細はこちらから◆





スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://skitengoku.blog63.fc2.com/tb.php/182-6a83adf4

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫