INTERSKI 総まとめ

 2007-02-19
寒い最終日

さて、blog復活第1弾は、先日まで韓国で行われていた「INTERSKI2007」の
総まとめから、始めたいと思います。

INTERSKI開催中は、時間と余裕があったので、現地からレポートしていました
が、まとめていなかったので、そして僕の性格として、なんだかまとめないと凄
く嫌な感じなので、(済みません。まめで・・・笑)まとめをしたいと思います。
(ちょっと遅くなりすぎましたけどね・・・爆)

オーストリアws

INTERSKI最終日は、いつもと同じように各国のワークショップから始まりまし
た。しかしこの最終日には、オーストリア・フランス・スイス・イタリーなど
ヨーロッパのスキー大国と言われている国々が総出演していたので、ワークシ
ョップも大いに賑やかでしたよ。但し・・・。最初の写真にあるように、この
日は、今回のINTERSKIの開催中の最低気温を記録。な・なんと、-18℃という
とてもとても寒い1日でしたよ。

僕は、フランスのワークショップに参加したのですが、結構シンプルであり、
だけど、とても基本的な要点をまとめている内容で、しかも新しい技術にも対
応してきている内容として、僕は凄く興味をそそられました。また2回目のワ
ークショップには、ワールドカップにも絶大な成績を残しているスキー大国の
オーストリアに参加。オーストリアは、基本概念を頑固なくらい変えない形で
のスキーの基本技術を上級者向けにアレンジしたもので発表していましたが、
でも大事なスキーの運動要素は、勉強になりました。

そして、このワークショップが終わると、今日の予定は夜のデモンストレーシ
ョンと閉会式、そして最後の懇親会と言うことで、恒例になっているデモパー
ティーで、最後になりましたね。

最終デモ 閉会式

閉会式の前のデモンストレーションでは、各国のフォーメーションが終わった
後に、今回参加の各国のデモ全員で一気に滑るというデモンストレーション滑
走があり、これで今回も閉幕。最終滑走では、僕もジーンと感動してしまいま
したよ。だって、次のINTERSKIには、きっとデモンストレーターとしては、参
加していないでしょうから・・・・ね。
(因みに、次回開催地は、オーストリアのサンアントンになりました)

デモパーティー

・・・ということで、2007年のINTERSKI韓国大会も、これで終了。最後には、
みんな一斉のパーティーという形で、写真のようにどの国のデモ達も緊張が解
れて凄いことになっていましたよ・・・(笑)
「えっ? 僕?」
秀人&ユッケ 秀人&一樹

僕も飲みましたよ。(笑)日本チームのみんなや、前回のINTERSKIから仲良く
なった、スウェーデンの「ユッケ」(ニックネーム)達と・・・・・・笑


・・・ということで、今回の2007年のINTERSKIに4度目の参加をして、また蔵
王で開催されたINTERSKIを合わせると5回ものINTERSKIに参加してみて、その
内容や、歴史などから振り返って感じることは、
●スキー技術は、冬山を楽しむアイテムだと言うこと。
●スキー技術は、一定ではなく、そしていろいろな技術が存在すること。
●スキーは人が楽しむものであり、楽しみ方を広めるには、やはり人を研究し
 時代を考え、そして人が広めていかなければ広まらないこと。
●スキーは仲間を増やすもの。スキーの仲間は永遠で、そして国境を越えて仲
 間になれるスポーツであること。

抽象的ですが、こんな事をひしひしと感じました。
勿論、僕とスキーの関係は、競技者として究極な事にトライし、やらなければ
ならないものであるし、その場においては、全ての他のスキーヤーは、ライバ
ルでもあります。そして同時に仕事としてのスキー活動というものも存在しま
す。

でも、その競技や仕事としての一線を越えれば、仲間意識を強くしてくれる素
晴らしいスポーツであることが、絶対だと思うのです。そして今回も、その絶
対なものという自分の中のスキーの存在価値を改めて感じたものがありました。

「たかがスキー。されどスキー」
毎年毎年、年間の3分の1を、雪の上に身を置いている生活。僕も偶には、嫌
になることもありますが、でもどうしてもこのスキーから離れられない自分と
いうものも、自分の中に大きく存在します。それが何なのか?どうしてなのか?
そんな事を、本当に実感することができた、今回のINTERSKIだったのではない
かと、終わって時間が立った今だからこそ、考えさせられるのでした。
スポンサーサイト
タグ :
コメント
44歳・・・。そ・・・そんなの歳じゃないよね(汗)
でもね・・・。まあ・・・。次のインタースキーも現役でいたいね~。まあ、辞めるまで、次のインタースキーに向けて頑張ります。(笑)
【2007/02/25 01:37】 | 伊東秀人 #- | [edit]
44歳?そんなの年じゃないですよ!
いいじゃないですか~最高年齢のデモを目指してくださいよ!
楽しみにしていますよ!!
【2007/02/23 01:28】 | ノリコ #- | [edit]
おいおい! 2011年のサンアントンでのインタースキーでも、僕がデモンストレーターをやっているの?
一体何歳になっていると思っているのかな?。44歳です。でも・・・オーストリアでのインタースキーも興味があるしな~・・・。頑張ってみようかな?
皆さんどう思います?(笑)
では、その時は是非是非通訳お願いしますね。
【2007/02/23 00:03】 | 伊東秀人 #- | [edit]
「たかがスキー。されどスキー」
この簡単な言葉が、daisukeくんのように、年齢を重ねることで、重くなってくるよね~。って、同じ年だけど・・・。
山の環境って、しかもその山に雪が積もっている状況って、そしてその大自然の中で、身体を動かすって最高に良いよね。
また、それを共感できる仲間もね・・・・。

今後も宜しくね。頑張りましょう。
【2007/02/23 00:00】 | 伊東秀人 #- | [edit]
本当にお疲れ様でした!
何を言っていらっしゃる?!
2011年がサンアントンならしっかり秀人さんに
ナショナルデモになっていただきますよ!!
そのときには私も通訳で参加したいものですw
秀人さんのおっしゃる通りスキーでの仲間は
永遠です。w
スキーに国境が無いって事を私もスキー学校で働きながらも思いますよ。
リフトに一人で乗っているとき、ヒュッテで休んでいる時、みんな気さくに話を掛けてきます。
そんな自然の中で出来るスポーツはなかなか無いですよね!
【2007/02/20 21:33】 | ノリコ #- | [edit]
お疲れ様でした。
ひさしぶりにコメントさせてもらいます。

「たかがスキー。されどスキー」

その通りですね。
私も毎年同じくらいを雪の上で過ごします。
今期から環境が変わり、いままでにも増して忙しく、自分の意志ではなくスキーを履かねばならないときもあります。でも、私にとってはなくてはならないのがスキー。離れられないのがスキーです。
自分がスキーが好きだということを忘れずに、これからも頑張っていきたいと思います。

今月末にはこちら??時間あれば一杯やりましょう!
【2007/02/19 17:29】 | daisuke #8Gl6K09g | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://skitengoku.blog63.fc2.com/tb.php/122-fdfcfca9

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫