スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ブラザーズキャンプ・秋編(告知です)

 2006-09-14
芋煮

皆さんこんにちは。
僕も、無事にニュージーランドから帰国して、早4日間。なんだか、雪の上にいた事が、今では信じられません・・・・・・・と、言いたかったのですが、な・なんなんですか? この寒さは? もう蔵王では、ストーブたいていますよ! これじゃあ、ニュージーランドの方が、暖かかったような・・・(笑)

さて写真は、山形の名物「芋煮」。山形の秋と言ったら、この暖かい「芋煮」シーズンなんです。こんな寒い時には、やっぱり「芋煮」が、たまらなく美味しいですよ。
そんなわけで、今回はこの「芋煮」も食べられる「イベント」のお知らせです。

来たる、10月07日(土)?09日(祝・月)までの3日間。
「ブラザーズキャンプ・秋編'06」というタイトルで、この「芋煮」で上達しながら、「TRIS」を食べるイベントを開催致します。詳しくは、下記のページをご覧いただければ、一目瞭然!! 是非、僕達2人と楽しい秋にしましょうね。お待ちしております。

■伊東秀人イベント紹介ページ■
ブラザーズキャンプ・秋編'06の詳細はこちら

<昨年の模様>
秋編・集合写真

ブラザーズキャンプ・秋編(告知です) の続きを読む

スポンサーサイト
タグ :

2006年 NZ・・

 2006-09-11
霧の中


9月09日(土)天気は薄曇り。今回の「ブラザーズツアー」のスキー最終日となった。そして、2006年のニュージーランドの最後のスキーとなった。今年の最終日は、どうなることやら・・・。

・・・と思ったが、午前中の薄曇りも、下からどんどん霧が上がってきてしまい、まったく見えなくなってしまった。(視界2メートル)だから、最終日は、午前中レッスン会。午後はフリータイムと言う事で、スキーの最終日が終わった。

さて、今年のニュージーランドは、長かったような、短かったような、最初は風に悩まされ、最後は霧に悩まされ・・・。まあ、海外ツアーにおいては、毎回「天候」に悩まされるのであるけど、でも今回のような変なプレッシャーを感じたのは、初めてだったような・・・。


でも、毎回のように思う事なのだけど、スキーツアーって、海外に来て運命共同体のようなものになれる瞬間が多いから、お客様とも凄くいろいろな話が出来る。その中で、いろいろな方達から、僕が今まで経験できていないことを、聞く事が出来るんだ。それが凄く楽しい。

今回も、いろいろな方達から、いろいろな話を聞く事が出来た。そして、一緒にスキーを滑る事が出来た。この場を借りて感謝したいと思います。
「有り難うございました」


タグ :

内スキーは・・・

 2006-09-10
雲が上がってきた

今日は、マウントハットも最高の天候の中、僕と秀朗の2つの班に分かれて、テクニカルレッスンを行いました。テクニカルレッスンという事で、内容もしっかりと定め、僕のチームは「内スキーへの荷重方法」を、秀朗チームは「ショートターン」という内容の中、参加者の皆さんにセレクトして頂き、レッスンを行ったんです。

さて、今回の参加者の皆さん。今日もレッスンを行ったからということもありますが、それ以上にニュージーランドの環境に鍛えられていて、凄く上達していると感じています。2回に及ぶ「レーシングトレーニング」。日本じゃ味わえない「クラブフィールド」でのスキー。硬い整地のバーンから、柔らかい不整地バーンまで、あるとあらゆる雪や状況で滑っているため、自然にスキーに荷重するバランスや、荷重する力も良くなったと感じますね。

勿論、レッスンなどで細かい運動をリチェックする事や、ビデオで自分の感覚と運動を照合する事も、大事な上達方法だと思いますが、いろいろな斜面や、いろいろな環境に身を投じてみる。このことが、何よりの上達方法なのだと思いますね。
女集

そして、この環境で滑っているからこそ、今日レッスンさせて頂いた、内スキーへの荷重の方法が、まだ日本で行っていないレッスン内容としても、十分に対応出来たのではないかと思っていますよ。

・・・ということで、あと残り1日。早くも6日間のスキーが終わろうとしています。最終日の天候は、あまり良くないような天気予報ですが、さてどうなのでしょうかね?


タグ :

完璧!

 2006-09-09
快晴のハット ハット・集合

今日は朝から快晴。数日前まで吹いていた風も、一体どこに行ったのやらと言う感じ。今日の様な風のない、柔らかい空気と、暖かい程の陽気も本当に嬉しいのだが、でもだからこそ、こんな天候がヘリスタンバイの日に何で来なかったのか!・・・と、1週間前のことを思い出して凄く悔しくなってきてしまった。(苦笑)

そんな快晴の中、今日はポールトレーニングの2日目を迎えた。1日目のトレーニングは、一昨日(9/05)に行ったのだが、暖かすぎて雪が緩み、柔らかいコーンスノーという条件で行ったので、参加者の皆さんは、なんだが張り合いがなさそうだったのだが、今日はそうはいかなかった。

今日は、昔僕もナショナルチーム時代に使っていたGSLのトレーニングバーンでポールを行い、しかも、昨日から冷えたせいもあってバリバリのアイスバーンというコンディションで、それはそれは硬かった。(笑) その中、果敢に中斜面から急斜面への斜面変化のあるコースに挑んでいた参加者の皆さん・・・。

ご自身の滑りに満足がいったか、いかなかったは別にして、僕は凄く羨ましかった。セットをしたり、コーチをしたりしていた僕だが、マジに自分でもトレーニングがしたくなってうずうずしていたのだ。(笑)

でも、ブラザーズキャンプになって、初日だけがイレギュラーなスケジュールになってしまったのだが、それ以外はスケジュール通りに動けている。本当にありがたい。ありがたい。ありがたい。天気の神様にも感謝したいものであるが、但しこの後がどうなることやら・・・。ちょっと心配になってきたりもするものだ。

さて、(続き)では、今日の皆さんの滑りを見て頂こう。但し、これは携帯で撮ったもの。だから、シャッターが落ちるスピードが凄く遅くて、早く撮ってしまった方。遅れて撮れてしまった方。また追いつかずにフレームアウトしてしまった方々もいたり、いろいろ出てしまった。また、タイミングの違いで、なかなか撮影も出来なかった方もいらっしゃったり・・
(参加者の皆さんごめんなさい)

では、とりぜあえず、楽しんで見てくださいね。

完璧! の続きを読む

タグ :

合計何キロ?

 2006-09-09
きれいな湖

さて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は、朝から晴れ間もちらつかせていたが、風もまだ少しあり、何だか、まだ安定しない天候。でも予定通り、クラブフィールドという会員制のオフピステに行ってきました。

日でと班集合

このクラブフィールドというのは、日本では体験する事ができない、会員制オフピステゲレンデなのですが、ここメスベンから行けるクラブフィールドは、3つあるんです。その内今日は、マウントオリンパスというゲレンデに行ってきました。

このようなゲレンデは有志がお金を出し合って、ロープトゥを作ったり、維持したり、遊んだりするスキー場として、この地域ならではのスキーゲレンデなのですが、滑ると凄く自然の中を滑っているようで、それはそれは気持ちいいんです。

但し、リフトは ”慣れ” が必要なのですが・・・・。



合計何キロ? の続きを読む

タグ :

凄いパワー

 2006-09-06
朝のマウントハット

今日は、Mt.Hutt の風も収まり、今回のブラザーズキャンプ初めてのMt.Hutt でのスキー。さて、今日の内容は、「レーシング」。雪上では「ポールトレーニング」を行い、夜には、そのポールでの滑りを参考に、レーシングビデオクリニックを行った。

でも・・・。参加者の皆さんは、凄い!。だって、数ヶ月もスキーを履いていない状況から、1日足慣らしで滑っただけで、2日目の今日は既にポールに入っているんだから。

僕達も、ナショナルチームの頃は、こうゆう日程ですぐにポールに入っていた時代もあったが、でもそれは、ナショナルチームレベルでの話。それも年間200日くらい滑っている時代。
ポール

でも、今回の参加者の方は、勿論年間200日も滑っているわけではなく、しかも平均年齢が41歳。この皆さんが、ポールをがむしゃらに滑っている姿を見て、今日は感動させられましたよ。・・・と同時に、人間のモチベーションって凄いと思いましたよ。僕達も見習わなくては・・・本当に。あの凄いパワーに・・・・。

ところで、今年のMt.Hutt 本当に雪が多いですよ

凄いパワー の続きを読む

タグ :

晴れなのに・・・

 2006-09-04
晴れなのに

今日は、ニュージーランドでのブラザーズキャンプ、スキーの初日を迎えた。今回で4回目になる、弟の秀朗とのこのブラザーズキャンプ。昨日到着された皆さんも、疲れたという様子よりも、「早くスキーがしたい」という、輝いた目をされたいたので、びっくりしましたが・・・。

・・・がしかし、今日のマウントハット、天候は雲1つない好天なのに、「風」が強いと言う事でクローズになってしまったのです。なんと言う事だろう。風でスキー場までもが、クローズしてしまうとは!
(先週のblogを読んでいただけている方々は、分かって頂けますよね。この気持ち・・・)

さてこの天候。最近気温も上昇しているので、このニュージーランドも、「春一番」という感じで風が吹いているのでしょう。でも、「春一番」にしては、期間的に長くないかい? 吹きすぎているんじゃないかい? もうせっかくニュージーランドまで来ているのだから・・・。

・・・ということで、今日はマウントハットに行けないと言うことで、オープンしているスキー場の中で、メスベンから一番近いスキー場である、「ラウンドヒル」というスキー場に行ってきたんですよ。


晴れなのに・・・ の続きを読む

タグ :

想像と戦争

 2006-09-03
秀人&秀朗

さて、ニュージーランドに来てから、早くも8日間が経つ。本当に早いものだ。8日間という時間は、毎日が想像と戦争。そんな感じだ。

想像というのは、次の日の天候を想像して、天候が良い場合、そして同時に悪い場合を予測して、どちらに転がっても良いように、2つのプラン、またはそれ以上のプランを練る。そして、そのプランに付随するタイムスケジュールを練る。

戦争というのは、実際に天候がわかった時に、その天候に対応するために、できるだけ短時間で、その日のスケジュールを組み、タイムスケジュールも考え、そしてバスやスキー場と連絡を取り、そのスケジュール合うような形で、予約や手配をする。

こんな感じで、毎日が終わっていく。勿論、ツアー会社の方達がバックアップしてくれるからこそ、このような作業ができるし、短時間で決定出来る訳だが、でもスペシャルツアーなどに関しては、運営サイドを任されているために、僕がやらなくてはいけない事も多くなる。

まあ、海外ツアーの仕事は、僕もここ15年くらい続けているので、慣れていると言えば慣れているのだが、でも毎回、予期せぬ天候や、予期出来ない事態が起こるので、それはそれは大変なわけだ。

でも、このような大変さがあっても、お客様のスキーをやっている楽しそうな「笑顔」を見ると、本当に頑張って良かったと思える。何というのか、コーディネーター冥利につきるという感じだ。

・・・こんな形で、ちょっと裏舞台を感じて頂いたつもりだが、今日から、今年2つ目のニュージーランドツアーである、「伊東秀人&秀朗のブラザーズキャンプ」が開始された。そして、今日からまた、7日間の想像と戦争の始まりである。



想像と戦争 の続きを読む

タグ :

リベンジ?

 2006-09-02
最後の集合写真

今日、今回の「男祭りツアー」(笑)も、スキー最終日となりました。
さて、問題のへリスキーですが・・・。

















残念。(涙)
天気は晴れているものの、またまた強風のために、催行出来ず。
結局4日間、ウィルダネスヘリ、サザンヘリ、どちらのディスティ
ネーションにも行けなかったんです。(涙×2) こうゆう晴れ間が絶
えない天候で、ヘリが催行出来なかったという経験は、僕の記憶
の中でも、初めての事。僕も、せっかく男同士でヘリスキーを楽し
める、今回は最高のチャンスだと思っていたのですが、本当に残
念です。

今朝も、このキャンセルの結果を参加者の皆さんにお伝えする時
は、本当に心苦しいものがありました。仕事を切り裂いて作った時
間。他の物事を我慢してためたお金。そんな状況でヘリを楽しみ
に来て頂いたにもかかわらず、催行できず。

勿論、僕のせいでも、フェロートラベルのせいでも、ヘリ会社のせ
いでも、参加者の皆さんのせいでも、誰のせいでもないにしても、
誰のせいにも出来ないから、心の中の残念な想いのわだかまり
を、どこにぶつける事も出来ず・・・・。

ヘリの催行がキャンセルになったために、スキー場へ向かった男
組を乗せたバスの中でも、その「重たい雰囲気」は、とる事ができ
ませんでした。

しかし、バスが今日の目的地、カドローナスキー場に到着した頃
には、皆さんの気持ちの整理もでき、スキーを履いた時には、最
終日のスキーのための、モチベーションも高まっていたんです。こ
の変化には、僕も、凄いなーと思いましたよ。やっぱり、「男組」だ
と思いましたよ。(笑)

さて、最終日の今日のスキータイムですが・・・・。

リベンジ? の続きを読む

タグ :

快晴という言葉の意味?

 2006-09-02
カド・景色0カド・景色1カド・景色2カド・景色3

今回は、本当にコンディションに恵まれていると想います。何故
なら、雪は十分にありますし、天候は毎日晴れ。これほどの条件
は、なかなか海外に来てないと、僕自身のニュージーランドツア
ー経験からも、言えるのです。

しかし・・・・。風が収まらない。今日も、クイーンズタウンの町にも
朝から突風のような風が吹き、上空にある少数の雲の流れも、結
構速い。これでは、やはり・・・。ヘリも飛べないはずですね。(苦笑)
本当に、快晴って言ってもダメなものなんですよね・・・・(涙)

・・・ということで、今日も、「男祭りツアー」の「男組」たちは、渋々、
カドローナスキー場へと出かけていったんです。

カドローナスキー場と言うと・・・・・。

快晴という言葉の意味? の続きを読む

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。